引っ越し先でトラブルに合わないために知っておきたいこと

引越し先でトラブルに合わないために知っておきたいこと

>

ゴミマナー違反はトラブルの元

不要な物は旧住所で処分しておく

普段は気にならなくても、引っ越しをする為に荷造りをしていると全然使ってない物や不用品の存在に気が付くかも知れません。

勿体ないからと捨てずに新居に持って行くとなかなか部屋も片付かないですし、新居で結局は捨てることになります。
だからと言って一度に大量のゴミを出すとカラスが荒らしたりしますし、近隣にはごみの捨て方に厳しい人がいるかもしれません。
引越し早々にご近所迷惑にならないように、不要な物は旧住所で思い切って処分をしてしまいましょう。

今まで住んでいる地域の方がゴミのルールもわかっていますし処分しやすいかと思います。
ただし、引越し直前に大量のゴミを出せば迷惑になるので計画的に捨てていかないとなりませんね。

新居で出たゴミも捨て方に注意

旧住所で不用品は処分しゴミになりそうなものは極力減らしたとしても、新生活に必要な物を購入したりすればパッケージされていた箱やら梱包に使われたゴミが出てしまいます。

早く片付けたいからとゴミ捨て場いっぱいになるほど捨ててしまうと他の人が捨てられずに困ってしまいますし、新しく越してきた人は気を使えない人、マナーのない人だと言う印象を与えてしまいかねません。
指定の曜日に指定の物を捨ててるんだから文句言われるのはおかしいと思うかもしれませんが、ごみの捨て方に関しては気遣いができないとご近所トラブルになる事があるのでこれから快適に生活する為にも配慮をしておきましょう。

量が多ければ一度に出さずに数回で分けるなど工夫してみましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る